戸次地区で「家族の歯を生涯守る」歯医者さん「さわみや歯科医院」の「被せ物・詰め物・ホワイトニング」のご案内ページです。

診療時間

MENU

被せ物・詰め物・ホワイトニング

  • ホーム
  • 被せ物・詰め物・ホワイトニング

被せ物・詰め物・ホワイトニング

さわみや歯科医院で行っている被せ物や詰め物、ホワイトニングなどの審美歯科についてご紹介します。

審美歯科は、歯をきれいに見せるためだけが目的ではありません。機能的にも優れた素材は、お口の環境の整備やむし歯の再発を防ぐなど、口腔内環境の向上にも活用されています。当院では、お客様のご希望や予算などに合わせて最適なご提案を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

見た目を美しくするだけではない、「審美歯科治療」

見た目を美しくするだけではない、「審美歯科治療」

「審美歯科」とは、歯の見た目だけをキレイにする治療だけではありません。たとえば、セラミック素材を使った治療では、白く自然な歯の色を表現するだけではなく、金属アレルギーが心配な方も使用できる優しい素材として、歯との適合の良さからも選ばれています。治療後に詰め物と歯の間にできることが多い隙間の問題も解決するので、むし歯の再発リスクを下げることが可能です。

当院ではセラミック治療がお口の健康を守るためにもっとも適した素材であると考え、審美歯科治療をおすすめしています。

しかし、審美歯科は自費治療で高額になってしまうことが多いため、抵抗を感じる方がほとんどです。そこで当院ではリーズナブルな価格設定をすることで、多くの方にセラミック治療を選択していただけるようなメニューをご用意しております。

差し歯について

差し歯について

差し歯とは、歯の根に土台をたて、被せ物(クラウン)を装着した歯の治療を指します。歯根が残っていることが条件であるため、歯を抜いた箇所には使えません。

差し歯治療では、土台と被せ物で2回型取りを必要とするケースがあります。その理由として、土台と被せ物を一体の物にしてしまうと、力が直接歯の根に伝わってしまい、根が割れてしまうおそれがあるからです。また、土台と被せ物の素材を別の種類にする事で、より根の破折を避ける治療方法もあります。

詰め物について

詰め物について

むし歯治療では、補う部位の大きさによって詰め物または被せ物(クラウン)を装着します。詰め物は小さい部位を補う治療であり、被せ物とは歯の上の部分(歯冠)をすべて覆う人工歯です。

詰め物には、「インレー」と「アンレー」の2タイプがあります。インレーとは小さい部位に対する詰め物で、アンレーはインレーよりも比較的広い範囲で使う詰め物です。また、治療する素材にも種類が複数あります。詰める方法にも大きく分けて2種類あり、やわらかい詰め物を詰めたあと形を整えて特殊な光で硬化させる「直接法」と、歯型を取ってから金属またはセラミックなどの素材による詰め物を作成して装着する「間接法」があります。

素材について

種類 内容
レジン 安価で、健康保険が適用される素材です。ただし、強度が低いので強い力がかかる奥歯では健康保険が適用されません。
欠けた歯の形態回復や、歯に盛り足して軽度の歯並びを整えたりすることもできますが、耐久性は低く、経年によって変色しやすいデメリットがあります。
セラミック 天然歯に近い色調で審美性が高い素材です。丈夫でハイブリッドセラミックよりも経年劣化しにくいですが、噛み合う歯を傷つけてしまうおそれもあります。
また、同じ自費診療の「ハイブリッドセラミック」と比べると高価です。
ハイブリッドセラミック セラミック(陶器)とレジンを混ぜ合わせた素材です。レジンよりも耐久性が高く、変色しにくい点がメリットです。また、自然に近い歯が手に入りますが、セラミックに比べると仕上がりの美しさではやや劣ります。
素材自体は柔らかく、噛み合う歯を傷つけないのも特長です。同じ自費診療のセラミックよりは安価ですが、健康保険が適用されないためレジンに比べると高額です。
ジルコニア 天然歯に限りなく近い色調をしていて、非常に審美性が高い美しい歯の素材です。しっかりと接着するので違和感がなく、必要以上に自分の歯を削らなくて済みます。
また、接着箇所からのむし歯にかかりにくいので、むし歯の再発防止に最適です。

差し歯・詰め物の後は「ホワイトニング」でより美しく!

差し歯・詰め物の後は「ホワイトニング」でより美しく!

毎日の食べ物や飲み物、喫煙、そして加齢などが積み重なり、歯はだんだんと黄ばんできます。ホワイトニングとは、薬剤を使って歯を白くする施術であり、薬剤で歯に沈着した色素を分解して歯の明度を上げるため、歯を削らずに白くすることができる方法です。

当院で差し歯・詰め物を入れた患者さんのほとんどは、ホワイトニングを希望されています。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯の表面に高濃度の薬剤を塗布し、特殊なライトを当てて歯を白くする方法です。

当院では、低刺激でホワイトニング効果が高い「ティオンホワイトニング」を採用しています。歯科医院で3回の施術を行った後、月1回のオフィスホワイトニングまたは週1回のホームホワイトニングを継続すると、白さを長期間保つことが可能です。

PICK UP !

オフィスホワイトニングのポイント

3~6カ月に1回の定期検診と一緒にホワイトニングの施術を行うのがポイント。歯の健康だけでなく、歯の白さも維持できます。

ホームホワイトニング

ご自宅にて患者さんご自身が行うホワイトニングです。まず、歯科医院で歯型をとり、個人専用のマウストレーを製作します。そして、ご自宅でトレーに低濃度のホワイトニング剤を注入し、毎日一定時間装着します。通院回数が少なく済むので、忙しい中で歯を白くしたい患者さんにおすすめです。

当院では、高機能な硫酸カリウムやフッ素が配合されているホワイトニングジェルを採用しています。歯や歯茎に薬剤などがしみることはほぼないので、知覚過敏も起きにくく、むし歯予防にも効果的です。より効果的に白くされたい場合には、オフィスホワイトニングとの併用をおすすめします。

そして、ホームホワイトニングが完了した後に歯の色が戻ってしまったときには、マウストレーを保管していただければ、ホワイトニングジェルのみのご購入で再度ホームホワイトニングが可能です。

ホームホワイトニングの流れ
STEP1
ホームホワイトニングの流れ
歯科医院でお口の中を確認します。むし歯や歯周病などがあった場合には、先に治療を行います。
STEP2
ホームホワイトニングの流れ
お口の型取りをし、マウストレーを製作します。当日もしくは翌日にホワイトニングジェルと一緒にお渡しします。
STEP3
ホームホワイトニングの流れ
ご自宅でのブラッシング後、マウストレーにホワイトニングジェルを注入し装着します。余分なジェルは、歯ブラシで取り除きます。基本的には、就寝時に行っていただいております。
STEP4
ホームホワイトニングの流れ
マウストレーを外してジェルを落とします。マウストレーの汚れをしっかり落とし、清潔に保管しておきましょう。
STEP5
ホームホワイトニングの流れ

STEP1~4を2週間ほど、またはホワイトニングジェルがなくなるまで継続して行います。

ジェルをすべて使用しても理想の白さになっていない場合には、ジェルを追加購入して続けることができます。

症例紹介

症例タイトル  
画像  
年齢  
性別  
住所  
主訴/ニーズ  
治療期間  
治療内容  
費用  

よくあるご質問

歯が変色してしまうのはなぜですか?
コーヒーや紅茶、赤ワインなどの色素の強い飲食物をとったり、喫煙や加齢などさまざまな影響によって徐々に歯が黄色味を増していってしまいます。また、神経を抜いてしまう治療でも歯が変色します。抗生物質の服用で歯が黒ずんでくる方もいらっしゃいます。
ホワイトニングの薬剤は安全ですか?
ホワイトニングで使用している薬剤は、多くの研究や臨床を重ね、安全性が確認されていて承認を受けているものを使用しています。どうぞ安心してご利用ください。
審美歯科では痛みを伴う治療を行いますか?
審美治療中には麻酔をかけますので、痛みはほとんど感じることなく治療ができます。また、麻酔の方法にも工夫しているため、無痛に近い治療が可能です。
診療予約

大分市戸次地区の「家族の歯を生涯守る」歯医者さん
さわみや歯科医院

ご予約はこちら

to top

×
  • 診療カレンダー

    翌月へ

  • 診療カレンダー