戸次地区で「家族の歯を生涯守る」歯医者さん「さわみや歯科医院」の「歯のない方へ」のご案内ページです。

診療時間

MENU

歯のない方へ

歯のない方へ

むし歯や歯周病、または事故などで歯を失った方向けの治療についてご紹介します。1本でも歯を失うと、お口の中全体のバランスは崩れてしまいます。そのため、できるだけ早めに歯の機能を回復させることはとても重要です。

当院では、インプラントやブリッジ、入れ歯など、患者さんのご希望に沿ったご提案を行っております。まずはお気軽にご相談ください。

歯の機能を回復させる必要性とは?

歯の機能を回復させる必要性とは?

むし歯や歯周病の悪化、突然の事故などにより歯が失われてしまうことがあります。「1本くらい歯がなくても大丈夫だろう」と、そのまま放置していませんか? 1本でも歯を失うとお口全体のバランスが崩れ、さまざまな問題を招くことが考えられます。

1本でも歯を失ってしまったなら、できるだけ早く、治療で歯の機能を回復させることが大切です。当院では、一人ひとりの状態やご希望に合わせて、回復に向けた治療法をご提案しております。

歯がないことで起こる身体への影響とは?

見た目が変わってしまう

前歯がなくなってしまうと、口元が目立ってしまいます。そのため、「見た目が怖い」など不自然な印象を与えてしまうことも。人によっては「治療するお金がない」といったマイナスイメージを与えてしまうおそれもあります。

顔が老けてしまう

前歯がなくなると唇がハリを失い、お口の内側に入り込んでしまいます。その結果、お口まわりの筋肉が緩み、顔の印象が老けてしまいます。

食事を楽しめない

味覚には、「噛み心地」「歯ざわり」という、“噛むこと”で生まれる要素がありますが、歯を失えばそれらを得られなくなってしまいます。また、歯がないと噛まずに丸飲みで食事をとることになるだけではなく、そもそも食べられないものが出てくるなど、食事自体の楽しみが減ってしまいます。

噛み合わせがズレる

1本でも歯失ってしまうと、空いたスペースへ噛み合う歯が伸びたり、隣の歯が倒れたりと、噛み合わせが乱れてきます。また、残った他の歯への負担で歯を支える骨と歯茎が弱るため、全体的なバランスも崩れていきます。

発音が悪くなる

前歯がない場合、空いた部分から空気がもれ出たり、舌の位置が定まらなかったりするため、発音が乱れてくることがあります。話をしている相手は聞き取りづらくなってしまい、以前のようななめらかな会話ができなくなってしまうおそれがあります。

失った歯への治療法

インプラント

インプラント

歯が失われた部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込みます。その部分に人工歯を装着することで、噛む機能が取り戻せる治療法です。

しっかり固定されているため、ご自身の天然歯と同じように噛むことができます。見た目も美しいことで注目を集めていますが、全額自費の手術が必要となるため、費用は高額です。

当院では、口腔外科の専門医によるインプラント治療を行っています。

ブリッジ

ブリッジ

抜けた歯の両側の歯を削り、橋を渡すように冠をかぶせる治療法です。失った歯の場所や本数によっては治療できない場合があります。

入れ歯より違和感が少ないという長所はありますが、両側の健康な歯を削るというデメリットも。ブリッジの費用は保険適用になる場合とならない場合がありますので、ご相談ください。

入れ歯

入れ歯

治療において患者さんの負担が少なく、また完成後のお手入れも簡単なのが入れ歯です。ただし、「食べ物が間に挟まる」「ゆるく外れそうになる」「バネが見えるのが気になる」というデメリットもあります。

入れ歯の中には金属のバネの目立たないもの、アタッチメント(磁石)を使用したもの、歯の材質がより変色しにくいものなど、自費のものを含めるとたくさんの種類が展開されています。

それぞれのメリットとデメリット

  メリット デメリット
インプラント 異物感なく、自分の歯と変わらない感覚で噛むことができます。周りの歯を全く傷つけることなく、1歯欠損から全歯欠損まで対応でき、見た目の仕上がりも自然です。

抜歯程度の外科的な治療が必要です。糖尿病などの疾患がある場合、インプラントが不可能なケースもあります。

治療期間中は仮歯を使えますが、他の治療よりも治療期間が長く、保険適用外なため治療費が自己負担になります(医療費控除は受けられます)。

入れ歯 一般的な治療方法なので非常に多くの歯科医院で治療を受けることができます。保険内での治療も可能です(素材による)。

入れ歯の床(しょう)が口腔内の大部分を覆うことになるため、装着時の異物感や発音の阻害、食べ物の味覚や触感が損なわれます。また、天然の歯に比べて咀嚼効率が大幅に悪くなってしまいます。

金属のバネを安定のためにかける必要があり、口を開けた際に金属が見えてしまうことがあります。

ブリッジ 固定式のため、殆ど装着感を感じません。人工歯の素材によっては、保険適用で治療が出来ます。

連結した人工歯を支えるために両隣の健康な歯を削る必要があります。また保険内での治療では、歯の土台となる金属がだ液によって溶け出し、歯肉の色素沈着がたびたび発生しています。歯を長期間健康に機能させるという点において健全な歯を削るのは非常に大きなデメリットです。

歯を支える歯根の数が通常より少なく、歯根には咀嚼時の負担が大きくかかるため、多数の歯が欠損している場合にはブリッジができません。欠損部の歯肉がやせるとブリッジとの間に隙間ができて、発音時に息が漏れることがあります。審美的なブリッジは保険適用外です。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

症例紹介

症例タイトル  
画像  
年齢  
性別  
住所  
主訴/ニーズ  
治療期間  
治療内容  
費用  

よくあるご質問

インプラント
インプラントはどのくらい長持ちしますか?

インプラントは生体親和性が高い治療法ですが、長持ちさせるためには毎日の口腔ケアと定期検診が不可欠です。メインテナンスを怠ると、自然の歯で起こる歯周病に似た「インプラント周囲炎」の発症や、噛み合せが悪くなる場合があります。

口腔ケアと定期検診できちんとメインテナンスをすれば、長期間ご利用可能です。

インプラント治療は誰でも受けられるものですか?

年齢には上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受け始めることができます。ただし、顎の骨の状態によっては治療を受けることができない場合があります。

また、歯周病を発症している場合は、歯周治療を先に行ってからインプラント治療をすることになります。加えて、糖尿病や骨粗しょう症など他の病気や健康状態によって受けることが不可能な場合もありますので、まずはご相談ください。

「高齢」はインプラント治療の障害になりますか?

高齢の患者さんの中には、インプラントのメリットをすべて受けることができないのではないか、と心配される方もいらっしゃいます。しかし、抜歯が可能な健康状態であればほぼ問題なく行えます。

インプラント治療では、年齢よりも健康状態の方が障害要因となります。歯科医師が患者さんの歯科治療歴や既往歴を慎重に検討した上で判断を行っておりますので、ご安心ください。

入れ歯・ブリッジ
入れ歯はすべて保険治療で行えますか?
ほとんどの入れ歯は保険治療で行えますが、金属を使用しない保険外適用の入れ歯もあります。なお、入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2種類あります。
入れ歯が合わなかった場合、再度作り直すことはできますか?
保険適用で作った入れ歯の場合、再度保険を使って6ヶ月間は作り変えができない決まりがありますので、ご注意ください。
診療予約

大分市戸次地区の「家族の歯を生涯守る」歯医者さん
さわみや歯科医院

ご予約はこちら

to top

×
  • 診療カレンダー

    翌月へ

  • 診療カレンダー